美容師が面貸しサロンで働いてはいけない理由

面貸しサロンは、ブラック美容室です。絶対に働いてはダメです。

美容室なんてもういらない!

もういいでしょ〜
美容室。
これだけ沢山あるんだから
必要ないよね。
自分のお店を出店する事が
全てではないと思うんだよね。

よ〜く考えてみよう。

誰が得するの?

これだけ多くのライバル店がひしめく中
わざわざ
美容室を出店して
得するのは誰?

そう、それは
あなたをそそのかす
美容ディーラー。

利益を得るのは
美容ディーラーだけ。

美容ディーラーは、
結局
美容師が新店を出し
材料や機材を購入してくれれば
それでOK。

借金を背負うのは
美容師なので
その美容室が
赤字だろうが
関係ない。

もっと最悪な場合
「セミナーに出て経営を勉強しましょう〜」
なんて事まで言い出す。

出店する事が目標になってはダメ

お店を出す事が目標になっている美容師!

これはダメ!

美容室を出店する事は簡単だ。

誰でも出来る。
お金さえあれば。

しかし

その美容室を繁盛させる事は容易ではない。

その事に気付かず
安易に借金をして
自分のお城を構えたがる。

特に個人店。

フランチャイズ店は、本部にマージンを支払う必要があるが
まあ、それなりにやっていける。
大きく儲ける事は、今の時代
かなり難しくなってきているが・・・

個人店よりはマシ。

今まで美容師しかやってこなかった
人間がいきなり
経営者になる訳だ。

どこの経営者もほとんどそうだが
美容師は特に
技術職の面が強い。

カット技術
パーマ技術
カラーの知識

経営を始めると
そんな事だけ勉強してきた自分に
後悔するだろう。

冷静になってもう一度考えてみて!

本当に
今、お店を出店して
お客は来るのか?
見込み客は?
顧客は何人ぐらい?

損益分岐点は?

予想売り上げは?

人を雇う?

借金は幾ら?

商圏の人口は?

アクセス環境は?

それでも行ける!
と思ったらやるしかないけどねー。


ナビゲーション

copyright©2015 美容師・美容室の求人に騙されるな! all rights reserved.

サブナビゲーション