美容師・美容室の求人に騙されるな!

美容師が転職する際に気を付ける事を徹底的に教え込みます!求人欄に騙されてはいけませんよ。

美容師よ!求人欄に騙されるな!

いや〜、働きづらい環境になってきましたな〜。

若い頃は、色々な技術を覚える事が出来て本当に楽しかった・・・

しかし、それも昔。

30歳を過ぎる頃には、ピークを迎える。

後は階段を下りていくだけ。

どうすれば、いいのか?

独立?

店長?

う〜ん。

今は、難しい状況だ。

独立するにしても、ライバル店が多すぎる。

独自性を出していこうと思っても、他店も同じ様な事をやっている。

技術力なんてお客さんには分からない。

接客力?

まあ、当たり前の事なのだが・・・

自分一人で営業するなら、接客は上手に出来るだろう。

しかし、スタイリストを雇って営業するとなると、いきなり難しくなる。

基本的にそのスタイリストが育った環境での接客以外出来ないからだ。

すでにスタイリストとして働いている人に、何を言っても変わらない。

接客講習に行っても無理。

意味が無い。

そもそも、美容師に接客のイロハを教える事が出来るのはアシスタント時代。

いい大人になった人間に、1から教えても覚える気すらない。

これは自分のお金を出して独立しなければ絶対に身に付かない事なのだ。

所詮、雇われは雇われ。

今の時代、経営者はとても辛い立場だ。

求人を掛けても問い合わせする来ない。

給料が高く、福利厚生がしっかりとしており、時間もちゃんと決まっている。

休みも週休2日。

今のサロンはこれでなければ、幾ら求人を出してもスタイリストは集まらない。

これはしょうがない事。

時代だ。

もし、自分が雇われ美容師の立場なら、そういうサロンにしか絶対に行かない。

今時、個人のヘアサロンで働こうと思う人なんてそうはいない。

みんな知っているのだ。

個人サロンのほうが、ブラックだという事を。

こんな事を考えると、美容室を独立して開業するなんて考えられない。

かといって、店長になったところでって感じだ。

責任だけ押し付けられて、たいした手当も付かない。

何かあれば、全て店長の責任。

かといって、裁量権はほぼなし。

オーナーの考えをスタッフに伝える仕事。

そして、嫌われる。

人が辞めれば店長のせいにされ、お客さんとのトラブルは店長が全対応。

アシスタントを育てる為の時間は、営業後。

無償で・・・

手当なんて出ない。

教える為の時間、知識、技術、は全て無料で教える。

普通に考えてありえない。

今の美容室経営って、時代に合っていない。

特に、個人サロン。

まあ、そんな事はほとんどの美容師が知っている事か。

だから、いくら求人なんて出したって問い合わせすらない。

サロン経営もダメ。

幹部になってもダメ。

じゃあ、どうすればいいんだ〜って感じ。

今からの美容師は本当に大変だ〜。

どう考えても上手くいく方法が見つからない。

1人で、のんびりとサロン経営をする以外、無理だ。

大手にはとても勝てない。

ヘアサロンはブラック過ぎて逆に面白い

美容業界は、相変わらずブラック過ぎて面白い。

サービス残業あたりまえ。

技術、知識を下にスタッフに無料で教える事、当たり前。

社会保険無し。(今後は、そうはいかなくなるが。)

給料安いのあたりまえ。

年を取るごとに不要者扱い当たり前。

まあ、仕方がない事もあるのだが。

結局、美容師は接客業なので、顧客をどれだけ多く抱える事が出来るか、という事に掛かっている。

自分のお客さんをがっしりと掴まなければ、未来は無い。

独立してヘアサロンを開業するにしても。

元々の顧客がいない人が、今、独立して上手くいくなんてありえませんから〜。

そんな事も知らないで、独立して1年ももたないで閉店していくヘアサロンなんて幾らでもある。

今は、昔程簡単にお客さんは来てくれませんからね。

これから美容師になろうと思っている人がいたら、こう言いたい。

「止めておけ」 、と。

20代前半までは楽しいかもしれない。

しかし、スポーツ選手並みに寿命が短いのが美容師。

30歳を過ぎた頃から、現実を知る事になる。

40歳まで続けていたら、完全にアウト。

かなり厳しい老後が待っている。

まだ、若い美容師さん。

悪いことは言わない。

美容師の求人サイトで、転職先を見つける時は美容ディーラーや、かつら屋さん、ハゲ治療系、の会社にしなさい。

そうすれば、とりあえず大丈夫。

美容師の求人欄なんて、嘘ばっかりだし。

騙されたらダメ〜。

給料は、高めに書かれている。

福利厚生だって、微妙な部分がある。

休みだって、結局、取れない状況にされる。

特に個人経営の美容室は気を付けなはれ〜。

年収300万円以下の美容師

おそらく80%以上が、年収300万円以下で馬車馬の様に働かされているのだろう。

決して美容師の平均年収を見てはダメ。

あれは、一部の超儲かっているサロンオーナーの給料額も含まれているので。

例えば年収1億円のサロンオーナーが1人でもいたら、その人の分も+されて計算されるからだ。

体感として、やはり280万円以下の美容師がほとんどだと思う。

また、美容師の求人サイトを見ても分かる。

大体、給与欄には23万円〜という文字が。

という事は、23万円スタートと言っても過言ではない。

それ以上、貰う為には交渉をする必要があるからだ。

また、これはあくまで税引き前の額。

手取り額は、もっと少なくなる事は間違いない。

そう考えると、年収280万円以下というのが妥当ではないか。

また、美容師の給与体系はとても分かりにくい。

というか、上がらないと言ってよいだろう。

歩合給を取り入れているサロンの場合でも、歩合額の売り上げにいかなければ、歩合給は発生しない、なんてサロンも多々ある。

なんじゃ!そりゃ〜!って感じだ。

頑張って、歩合額の売り上げに近づこうと努力し、集客しても、届かなければ全てオーナーの懐に入るのだ。

そもそも、今時、無理な額を設定しているサロンが多すぎる。

最初から、歩合給なんかあげるつもりはなく、とにかく美容師をコキ使って稼ごうって感じだ。

逆に、完全歩合制の面貸しサロンのほうがまだ分かりやすい。

まあ、絶対に儲からないけどね〜。

それこそ、休みなく働いて30万円が良いところ。

それ以上になると、かなり大変だ。

40万円以上貰っている人もいるが、絶対に続かない。

このレベルになると、お客さんからのクレームの嵐。

美容師は、売り上げを上げる為にはスピードを上げなければいけない。

そうなると、丁寧さに掛けてくる。

とりあえず、終わらせてお客さんを帰すことだけを考える様になる。

最後のブローで全部ごまかすのだ。

そりゃ〜、お客さんだって怒るわ〜って感じに。

また、完全歩合給の面貸しサロンはとにかく単価が低い。

どんなに頑張って数をこなしても単価が低いので売り上げ額が低いのだ。

面貸しサロンで働こうかな?と思っている人!

やめておけ〜。

面貸しサロンのオーナーさんの知り合いが2人程いるが、美容師は只の金稼ぎマシーンぐらいにしか思っていない。

また、そんなオーナーでさえ、もう面貸しサロンから手を引こうとしているのだ。

固定給を払わなくても良い面貸しサロンでさえ、儲からなくなってきているのだ。

美容師の求人を出しても、集まらず、ホットペッパーで集客を促しても、たいしてお客さんは来ず。

ライバルが多いからね。

今後、美容師が年収300万円以上を目指すのは厳しいよ〜。

転職をおすすめする。

それも、若いうちに。

やはり、今後は農業かIT。

接客サービス業は、絶対にやってはいけない業種だ。

ロボットが出てきても、ヘアスタイリストという職業は無くならないと思うが、金銭面でかなり苦労するだろう。

昔は、スタイリストに昇格すればそれなりに稼げていた時代もあった。

が、それも今は昔の話。

アシスタントとたいして変わらない。

せいぜい、5〜6万円程度。

あんなに気を遣い、時間を浪費し、技術を身に付けても・・・

カット専門店は止めておけ!

美容師の求人で多いのが、大手サロン、面貸しサロン、カット専門店、だ。

個人店は、求人を出してもほぼスタイリストからの問い合わせは無い。

アシスタントからは、個人店は人気なのだが・・・

まあ、個人店のほうが教えて貰えるし、早くスタイリストデビュー出来るという点が選ばれる理由だろう。

で、カット専門店。

ここは、美容師の墓場だ。

1度カット専門店で働き始めると美容室では働けない。

精神的に楽だし、時間もきっちりしている。

給与もかなり明確だ。

しかし、客の質がかなり悪い。

横暴な客は、どこのカット専門店でも必ずいる。

まあ、それは美容室でも同じだが、量が違うのだ。

うるさい客、横暴な客、ちょっとイッている客、酔っぱらっている客、精神的におかしい客、など普通の美容室では出会えない客。

本当に面倒だ。

たいした額のお金を払うワケでもないのに、客のわがままに付き合わなければいけない。

更に、カット専門店は基本的に順番で担当する事になる。

なかなか、ハードだ。

そんな事をやり続けていると、なぜか慣れてくる。

そして、横柄な態度の美容師が出来上がるのだ。

まあ、そうしなければやっていられない感じになってくるのだが。

カット専門店のスタッフは、みんな横柄だ。

しかし、最初からそうだったわけではない。

客がそうさせているのだ。

1度横柄になってしまった美容師は、一般的なサロンで働けなくなる。

もう、完全に終了だ。

美容師の求人を出しても集まらない時代

今、美容師の求人サイトや求人誌が苦戦している。

なぜなら、求人広告を出してもスタイリストが集まらない事を知ったサロンオーナーが出稿を控えているからだ。

求人広告は、サロンオーナーがお金を払って出している。

そりゃ〜、サロンオーナーも効果がない求人広告をいつまでも出している余裕などあるはずもなく。

今は、ある程度、個人で探す事も出来るようになってきたし。

SNSだ。

上手に使えば、0円でスタイリストを集める事だって出来る。

お客さんの集客だってSNSを上手に使えば行える。

ナビゲーション

copyright©2015 美容師・美容室の求人に騙されるな! all rights reserved.

サブナビゲーション